レーザー脱毛の安全性を知っておこう

レーザー脱毛が利用される医療脱毛は、非常に安全性の高い手術であるといえます。

医療用のレーザーは威力が高く、本来ならばそのまま患者の皮膚に対して照射するとやけどしてしまう危険性もあります。ところが、医療脱毛に使われるレーザーを使ってもこのような結果にはなりません。これは、医療レーザーに対して予め安全性向上させるための調整が行われているからです。

レーザーというのは、光の波長の集まりで構成されていますので、この光の波長を調整することによって都合の良い物質に対して飲み効果的なレーザーを作ることもできるのです。医療脱毛に使われるレーザーに関しては、肌の体毛と同じ色素であるメラニン色素に対してのみ効果があるように作られていますので、それ以外の色の物質に対して照射しても全く効果はありません。

この原理は、体毛の処理だけではなくシミの処理に対しても使われていますので、美容整形をする際には欠かせない技術だといえます。メラニン色素に照射されたレーザーは、その部分だけに対して高度なエネルギーを放出します。このエネルギーが放出された部分では強い火力が発揮されますので、体毛は文字通り焼かれて消えてなくなるわけです。細胞ごと消えてしまいますので、体毛の成長を行うための細胞の再生には当然時間がかかります。

こうして特殊なレーザーを利用することで体毛の成長周期を遅らせることによって、クリニックでは医療脱毛を安全に実践しているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *