毛抜きによる脱毛のリスク

自己処理で一番見た目が良くなるのは毛抜きを使った脱毛方法ですが、これは処理に時間がかかりますし、長期的にみると肌に負担をかけてしまう方法でもあります。

毛抜きは毛の根元から抜けるのでカミソリで剃った時のように肌に黒いブツブツは残りませんが、やりすぎると炎症を起こしてしまう可能性があります。毛を抜いた部分は傷になるので、この下の組織を守ろうとして免疫反応が起こり、炎症が起こることがあります。毛嚢炎や感染症などのリスクもあります。

それをなんども繰り返しているうちに、炎症痕に色素が沈着して黒ずんでしまうこともあります。これを避けるには、肌に刺激を与えない脱毛方法にすることが必要です。いろいろな方法がありますが、もっとも肌に負担をかけずに行えるのは医療機関のレーザー脱毛です。レーザー光線を当てて処理するので肌へのダメージが強そうですが、刺激は一時的なものですし、処理が終わればその後毛抜きやカミソリを使う必要がなくなるので、肌へのダメージを最小限に抑えることができます。

ただし、長年毛抜きでワキ毛処理をしてきた人は、レーザー脱毛の効果が十分に発揮されない可能性があります。長年毛抜きで処理していると、毛根の形が変化してしまい、毛が脱落しづらくなるからです。

毛抜きでの処理は避けて、早めにレーザー脱毛を受けるのがもっとも効果が発揮されて、肌に負担をかけずに済む方法です。美容皮膚科や美容外科、専門クリニックなどで受けられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *