頭皮柔らかくなった状態を維持して発毛力をアップ

ヘッドスパに通ったり自分でシャンプーしたりするときにマッサージを行って頭皮柔らかくなった状態を維持すると、髪の毛の発毛量に違いが出てくることをご存知でしょうか。

髪の毛が細く抜けやすい人が頭皮の状態を確認すると血行不良になっていて髪の毛に十分に栄養が届かない状態になっていることが多く、育たないうちに抜け落ちていく原因となっています。頭蓋骨と頭皮の間に通っている血管はほかの体の部位とは違って、筋肉の動きがポンプの役割を果たしてくれるということはほとんどなく表情を動かした時にわずかに皮膚が動くかどうかの状態ですから、頭皮が硬くなって血流を阻害する状態になるとマッサージなどを行って頭皮柔らかくなった状態に戻すしか改善できる手立てがありません。

頭皮柔らかくなったら血流が改善する理由はマッサージで頭皮を押して刺激することで一酸化窒素量が増えることにあり、一酸化窒素の役割は血管をしなやかにして拡張させる働きがあるため体内では欠かせない存在で、血圧を安定させるほか動脈硬化を予防するのにも役立つので分泌量を増やすマッサージは発毛以外にもメリットがあります。

マッサージと合わせて考えたいのがシャンプーの種類であまり強力な洗浄力があって皮脂が失われるようだと乾燥が進み頭皮を硬くしてしまい、マッサージを行っても中々頭皮柔らかくなった状態まで持ち込めなくなる可能性があるので、毛穴のつまりをとりながら頭皮への負担が少ないアミノ酸系のシャンプーを使うようにすると乾燥を悪化させずに済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *